10 years with Mamehon Gachapon 豆本がちゃぽんの10年間
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

10 years with Mamehon Gachapon 豆本がちゃぽんの10年間

1,500 JPY

About shipping cost

B4変形サイズの本です。オフセット、活版、孔版などの印刷技法を使用しました。 私たちは2006年から、豆本をがちゃぽんマシンに入れて、書店などで販売してきました。豆本は全て手作りで、価格は100円。この試みはお客様の評判を呼び、20以上のメディアで取り上げられました。豆本がちゃぽんに入った本の写真やデータ、この本のために書いてもらった作者コメントを掲載しました。 どんなふうに豆本がちゃぽんが作られてきたかが、全体像の中から見えてきます。 真ん中にはポップアップをつけました。矢印に従って「100円」を入れると「カプセル」を出して遊べます。 ブックサイズ 天地200×左右190×厚さ4mm、32ページ 企画制作 赤井都、発行 言壺 2016 本体価格 1500円 表紙 ファーストヴィンテージ四六135kgスカーレットに、活版印刷(樹脂版の青~赤色グラデーション、24pt鉛活字の銀色印刷) ジャケット 石巻の紙モンテシオン81.5kgにカラーオフセット印刷(Graphic) 扉 少年漫画の紙に、茶色で孔版印刷(Edit Net Printeq) 本文 石巻の紙モンテシオン81.5kgと上質135kgにカラーオフセット印刷(Graphic)、再生上質紙110kgと135kgに孔版印刷(Edit Net Printeq) Book Art in 48mm Capsule Japan, Kototsubo, 2016, Hand sewn Book Size H200×W190×D4mm, 32 pages. printed by offset, letterpress and silkscreen. Bound by Miyako Akai. Book in Japanese. 2 pages in English written by Tiana Summary Mamehon means miniature book in Japanese. Gachapon is a kid’s machine like a gumball machine. When you put one coin and turn the knob, one capsule come out. Inside the capsule, a toy is in. There are many kinds of toys in the capsules. You can’t choose, but the machine chooses the one and put out. We enjoy it like a fortune cookie. Or you can try again if you have more coins. In Japan, Gachapon is popular amusement for kids and teenager. For adults, it is a nostalgic thing. We put miniature books in capsules 10 years. We went to 12 places in Tokyo, Atsugi and Kyoto. We got 2 independent branches in Fukuoka and Hong Kong. We, Mamehon -Gachapon Tokyo sold 18300 copies in capsules. 23 artists joined the project. 20 media picked up us. Always the capsules were sold out. 1 capsule is 100 Japanese yen (about 1 USD). This book is a catalog of miniature books in capsules for 10 years.